脱毛の難易度が高い!首の毛、どうする?

脱毛の難易度が高い!首の毛、どうする?

■ムダ毛で悩むの、自分だけ?聞けない「毛」のこと

 

女性ならきれいでいたいもの。そのために欠かせないのがムダ毛処理ですよね。
でも、周囲に「毛」のことは聞きにくい!気になるほんとのところ、調べてみました。

 

 

 

・当たり前だけど、ムダ毛があるのは自分だけじゃない
・どこを処理してる?忘れてはいけないポイントは?
・すっきり美人はうなじで決まる

 

 

キレイ女子の大きな課題にして、なかなか面倒なのが、ムダ毛処理。
どうしても避けられないことですよね。

 

 

なかなかムダ毛の話なんて周囲としませんから、
こんなに面倒なのって、私だけ?なんて思ったこと、ありませんか?

 

 

でも、当たり前ですが、みんなムダ毛処理はしています。

 

 

ほとんどの女性が何らかの対策をしているのが、腕や脇、足など。
よく見える箇所ですよね。

 

 

でも、本当にきれいを目指す女性は、それだけじゃないんだそう。

 

 

顔、指、首筋のラインも忘れてはならないポイント。
すっと通った首筋、いわゆる「美うなじ」こそ、すっきり美人に欠かせないポイントです。

 

 

自分のうなじ、見たことありますか?

 

 

立ち姿の印象まで変えてしまう、うなじの産毛、しっかり対策したいですね。

 

 

■ロングヘアーだから安心?実は見えてる、うなじの毛

 

うなじに毛を発見!でも、ロングヘアーだから大丈夫!?
うなじの毛って、どれくらい気になるもの?

 

 

 

・ロングヘアーでも案外見える、うなじの毛
・うなじを気にするのは、実は女性以上に、男性
・いざという時は、案外「うなじ」の出番

 

 

意識して見てみると、自分のうなじに産毛や長めのおくれ毛のようなものを発見!

 

 

ずっとツルツルうなじだと思い込んでいただけに、
ショックを受ける人も少なくないと思います。

 

 

でも、自分はロングヘアーだからどうせ見えない!
なんて安心しちゃっていませんか?

 

 

実は、ロングヘアーでも、案外、うなじって見えるんです。

 

 

風がふいて髪が流れたとき。マフラーを外したとき。
何気なく髪を束ねたとき。上を向いて髪が下向きに流れたとき・・・

 

 

考えてみると、うなじがちらっと見える瞬間って、たくさんあるんです。
そんなとき、うなじに毛があると、なんだかがっかりですよね。

 

 

そして、実はうなじの毛は、女性以上に男性の方が気になっているという声も。

 

 

うなじ好きの男性が多いのかどうかはわかりませんが、普段隠れている部分が
ちらっと見えたとき、そこに女性らしさを求める男性は多いのかもしれません。

 

 

そして、考えてみると、いざという時ほど、「うなじ」の出番なんです。

 

 

浴衣を着て髪をアップに。スポーツするためにさっと髪をまとめたり。
海やプールで髪をまとめるときも。

 

 

濡れた産毛は、べたっとはりついて本当に残念な見た目に。

 

 

自分が気付かないうちに、うなじの毛を発見されてがっかりされている、なんて
恥ずかしいことにならないようにしたいですね。

 

 

■首の毛、どうする?処理?隠す?

 

首の毛が気になってしまったけど、処理が難しくて断念しそう。
どうする?隠す?処理する?

 

 

 

・首筋、うなじは処理が難しいポイント
・隠す?隠しきれる?首の産毛
・処理したい!おすすめの処理方法は?

 

 

気になってしまった首の産毛。
でも、いざ処理しようと思うと、難易度が高いことに気付きます。

 

 

首筋、特にうなじのあたりって、自分でなかなか見えないし、手も届きにくい。
少し失敗したら髪の生え際を変にしてしまいそうで、勇気がでません。

 

 

そのため、実はうなじの毛が気になっても、
全ての人が対策をしているわけではないのが現状。

 

 

断念し、極力隠す努力をしているという人もいるんです。
でも、スカーフをしてもネックの高い服を着ても、やはり隠し切れないのが首の毛。

 

 

どうにか処理したいですね。

 

 

首の毛の一番のおすすめ処理方法は、実はエステ。

 

 

見えない、届かないポイントであり、かつ、肌荒れしやすい首の毛の処理は、
プロにお願いするのが一番確実です。

 

 

ただ、エステはどうしても時間もお金もかかるもの。
現実的でないという人も多いと思います。

 

 

そんなときは、できる限りお肌に優しい方法でケアしましょう。

 

 

剃る場合は、カミソリではなく、顔に使用するヘッドの小さなシェーバーを使用。

 

 

生え際ぎりぎりは危険ですので、少し余裕をもって、
目立つ毛を処理することを目標にします。

 

 

もしお願いできるような相手がいれば、少し手伝ってもらうと良いですね。

 

 

抜くのは、お勧めできない方法です。
手が届きにくいですし、繊細な首の肌は、すぐに赤くなってしまいます。

 

 

同様に、できれば脱毛クリームなども使用頻度を控えたいもの。

 

 

クリームですので、うなじにも使用しやすいのですが、
肌トラブルを起こす人が多いのが現実。

 

 

せっかくきれいなうなじを目指して、肌荒れを起こしては本末転倒ですよね。

 

 

もし使用する場合には、必ずパッチテストを実施し、
あまり頻繁には使用しないようにすることが大切です。

 

 

■すっきりした首筋を目指して、始めたい習慣

 

すっきりした首筋を手に入れるために始めたい習慣とは?
脱毛しつつ、キレイなうなじを手に入れる!

 

 

 

・産毛はお肌の防衛手段?
・処理頻度を減らして、お肌の負担を軽減

 

 

剃ったり脱毛クリームを使用したりしてうなじをきれいにしたら、
どうにかきれいな状態を少しでも長く続けたいもの。

 

 

そんな美うなじを継続するためにぜひ始めたい習慣をご紹介します。

 

 

まず、首のお肌に余計な負担をかけないこと。

 

 

実は、産毛は、外部からの刺激からお肌を守ろうとする防衛手段として
生えてくることもあるんです。

 

 

首のお肌は、顔と同様にとっても繊細。
なるべく刺激しないようにして、無駄な産毛を増やさないようにしたいものです。

 

 

お風呂で体を洗う際にも、首は優しく。
タオルでゴシゴシ洗うのではなく、洗顔の時に首も一緒に、手で洗うようにしましょう。

 

 

そして、抑毛ローションを併用するのもおすすめ。

 

 

お風呂上がりに抑毛ローションを塗っていくことで、ムダ毛を抑制し、
キレイなうなじを継続することができるようになります。

 

 

抑毛ローションは即効性はありませんが、確実に生えてくる毛を抑制してくれる優れもの。
美うなじを守る新習慣、始めてみたいですね。